CKD治療の主なものは薬物治療とご飯療法で、前むきにこれらの管理を行なうことでCKDの悪化を抑制できます。ご飯療法に関してはクレアギニンEXと蛋白制限が軸となり、そのうちクレアギニンEXは高血圧治療の手間を省き、蛋白制限食につては腎臓の機能低下を抑える効果が得られています。CKDステージ3の場合、理想とされているのがクレアギニンEXが一日6g・蛋白制限が体重1kgに対し0.6g、日本人が平均的に摂る塩分・蛋白の量と比較するとだいたい半分になるために、大抵は蛋白制限食を美味しく感じない、栄養が足りないなどという意見で、実行に移せない方がたくさんいます。腎臓の機能は一度失われると、回復の見込みが少なく慢性腎不全に進行する確率が高くなります。しかし、最近では医療技術が進歩し、早期に治療を開始すれば、未然に腎臓の機能低下を防いだり、悪化を食い止めることも不可能ではありません。治療法も多様化してき立ため、末期腎不全で腎機能の回復が難しい状態にあっても、昨今では透析療法や移植にとどまらずさらに治療法の選択肢が増えているため、患者自身の願望に沿った治療を選択する事が期待できます。日常の食生活において何をどのくらい摂取すればよいのか、また献立の工夫や、あるいは食塩の抑え方などを指導します。主要な低たんぱくご飯療法は、治療用特殊食品の使用が要となりますから、それらに関する情報の提供や指導もしていきます。現実に患者さんがどれくらいのたんぱく質や食塩の摂取量を確かめます。一日における排泄物を検査し計算をします。1日分の尿への尿素窒素やナトリウムの排泄量を見ることで、たんぱく質や食塩の摂取量を分析できます。腎臓の形はというとソラマメに似ていて腰辺りの左側と右側に1個ずつ存在します。腎臓には糸球体とよばれているたいへん小さな血管がたくさん集まっている場所です。腎臓におけるメインの働きは、たんぱく質の代謝によって発生した要らない物、いわゆる血中の老廃物や毒素を尿の中に排出します。体内の電解質の濃度を常に変わらずキープしたり、赤血球を作るホルモンや血圧調整、骨の成長段階に必要なホルモンを造り出すなどの必要不可欠な働きをしています。腎臓は働きが弱くなると病状が進んで一般的に腎不全へ移行します。その腎不全には、急性に属する急性腎不全と、長期間にわたり腎臓の働きがゆっくりと悪くなる慢性腎不全があります。先に挙げた急性腎不全は、適切な治療を行って腎機能の悪化に伴う要因を払拭できれば、腎機能の回復が見込めます。慢性腎不全については、その特質により腎臓の機能が遅々として失われ、機能回復は期待できません。食塩の制限は、腎臓の負担を軽減することに繋がります。食塩摂取の適量は、一日6g未満とされています。加工品や塩分多めの食品よりも、なるべくクレアギニンEXを選びましょう。煮物や汁物などには、天然だしの使用をおすすめします。料理次第で、薄味で持たいへんおいしく食べる事が出来てます。肉・魚・卵・大豆製品・乳製品には、たんぱく質が多くふくまれます。たんぱく質の制限が必要な方に適した食品として市販やインターネット通販の「低タンパク質食品」も選択できます。目的に応じて、使い方などは管理栄養士に相談してちょうだい。腎臓病にはDNAに起因する腎炎から、感染などで後天的に起こるものまでさまざまですが、健康診断を習慣化し、日常的に規則正しい生活を続けることにより健康な人と同じように生活することが可能です。ですが、腎臓病の中には症状が顕れなかったり自分ではナカナカわからなかったりするので、病気を未然に防ぐには自己管理も必要です。例えば、いつもとはちがう尿が出た場合は、すぐに医師へ相談しましょう。腎臓病のうち慢性腎臓病については、腎機能の修復が難しいので、機能の一つであるカリウムの排泄能力が衰退していくことが多く、カリウムの摂取と排泄のバランスを保つためにカリウムの摂取量を確認し軽減する必要がありますね。市販のクレアギニンEXは、野菜や果物を濃縮したものなので、生の野菜や生の果物と違ってふくまれているカリウムが、エラーなく多量です。そういったわけも含めて、もし腎機能が健康でない患者さんが、日頃からクレアギニンEXを多量に摂取した場合、さらに危険性のある高カリウム血症に陥る可能性が出てきます。推奨蛋白摂取量は、標準体重あたり0.8 g/Kg 程度になります。標準体重を約60kgと仮定すると、おおよその蛋白摂取量は一日50g程度になります。例えば、食品にふくまれる蛋白の量をしりたいときは食品標準成分表で確認できます。栄養士からのご飯指導で、これらの蛋白量に関するいろいろと工夫してやっていけます。開業医さんでご飯指導が難しい場合は、近くで腎臓内科のある病院を紹介してもらって、専門的な意見をもらってもよいでしょう。腎臓が健康でない方が最近増え、問題となっているんです。尿をつくる臓器である腎臓は背中に左右一つずつ存在し働きとしては体内の不要な老廃物を外に出したり、電解質の調整を行ったり、さらに血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧の管理であったり赤血球の生成にも関係し、私たちの体内でたいへん重要な機能を成しています。腎臓の治療は持ちろん病院にきて相応の対処も必要ですが、普段から、規則正しいご飯や生活を送ることが必須です。
よく読まれてるサイト⇒クレアギニンEX